ひとりで抱えず診断しよう

ストレスによる症状を和らげるコツ|体の不調に悩まされない方法

心の反応を学ぼう

カウンセリング

ストレスの症状には不眠やイライラするなどがあり、これらは薬物療法などによって治療が可能です。ストレスの治療としては、薬物療法以外に認知行動療法があります。患者が認知行動療法を日々実践するよう工夫し、ストレスの受け止め方を変えることで、イライラなどの症状を予防することができるのです。

View Detail

心身の不調を感じたら

病院

心身不調の解決法

仕事や家事、他人との付き合いなどに忙しい毎日を送っている中で、身体の不調に悩まされることがあります。身体ばかりでなく精神的にも不安定になり、仕事や人付き合いに支障を来す例も少なくありません。そうした状態が許容範囲を超えたところで、多くの人は病院を訪れます。検査と診察を受け、何らかの身体疾患が認められれば症状に応じた治療が開始されます。しかしながら、根本的な原因が解決されていなければ再発する可能性もあります。その根本的な原因のうち、相当割合をストレスが占めているものなのです。日常生活から受けるストレスも、その人の耐えられる範囲内であればむしろ生きていくのに必要とも言えます。適度なストレスは人間を強くするのです。しかしながらストレスは、多くのケースで過重に働きます。その結果として心身にさまざまな症状が起きてくるのです。病院では患者さんの症状とストレスとの関係をできるだけ正確に把握しようとします。処方薬その他の対処療法ばかりでなく、それぞれの患者さん特有のストレス環境にも配慮し、負担軽減のための提案が医師を通じてなされるのです。医師の指導に従って環境を整え、生活習慣を改めていけば、同じ症状が表れにくくなるものなのです。病院を受診した患者さんの多くは、処方された薬の効果に驚きます。それはストレス軽減と薬の作用との相乗効果によって、最大限の治療効果が発揮された結果でもあります。対処療法はあくまでも症状を緩和することを目的として実施されますが、ストレス対策は症状そのものを根源から絶つことを目的としているのです。

さまざまな症例

ストレスが引き起こす身体の不調としては、さまざまな症状が見られます。最も典型的なのは頭痛と腹痛です。頭痛では片頭痛と緊張型頭痛の発生にストレスが深く関わっていると考えられます。いずれも脳に器質的な疾患がないにも関わらず発生する痛みですので、環境や生活習慣の改善によって症状も改善される例が多いものです。腹痛を訴える症状の中でも下腹部に痛みを覚え、下痢や便秘を伴う場合は過敏性腸症候群が疑われます。ストレスによる過食や拒食、食欲不振の結果、体重の増加や減少が起きる場合もあります。不眠や倦怠感、疲労感などの症状が見られる場合も要注意です。それらの症状が進行するとうつ病に発展することもあるからです。少しでも違和感を抱いたら、早め早めに心療内科や精神科などの病院を受診して医師に相談する習慣を身につけていれば、それほど重症化せずに症状が改善します。この他にもストレスが引き起こす症例には多くの種類があり、中には内科治療を受けなければならないほど症状が進んでいるケースもあります。そこまで症状が進んだ患者さんは、日常生活の中でさまざまな負担に耐えているものです。何事も処置が遅れると症状改善にかかる時間も長引きますから、早い段階で気づいて病院を受診することが何よりも大切なのです。心療内科や精神科の医師はストレスに対処する術を心得ています。さまざまな症例を見てきた豊富な経験を強みに、1人1人の患者さんに合わせた最も適切な治療法を実施できるのです。ストレス社会を生き抜くためにも、医師という心強い存在を味方につけておくことは大きな武器となります。

身体からのシグナル

医師と悩むスーツ男性

ストレスが溜まりすぎてしまうことで精神的な病や自律神経失調症になる可能性があります。そのまえにストレスから身体的な症状があらわれることがあり、それはストレスをため込みすぎたことから体が悲鳴を上げている状態なので普段の生活の中でリラックスできる方法を行なうことが必要です。

View Detail

トラウマから発症する疾患

診断

心的外傷後ストレス障害は自然災害や人災によってトラウマを抱えてしまう疾患のことで、似たような出来事の映像をドラマや映画、ニュースなどを見てフラッシュバックするように思い出してしまう症状があらわれストレスを感じてしまうものなのです。

View Detail