看護師

ストレスによる症状を和らげるコツ|体の不調に悩まされない方法

身体からのシグナル

医師と悩むスーツ男性

体が悲鳴をあげる

ストレスをため込みすぎると精神的につらい症状だけでなく、身体的にもつらい症状があらわれてきます。ストレスの蓄積によって、身体的に現れてくる症状は歯ぎしりです。歯ぎしりは、眠っているときに歯を強くこすってしまう症状です。歯ぎしりの症状がひどい人の場合は、朝起きると顎が痛いというような人もいます。歯ぎしりは、不安や憂鬱を感じるときに歯ぎしりが起こるといわれ、その状態が続くと歯が削れるだけでなく、歯周病の原因にもなります。また、ストレスの蓄積は、歯ぎしりだけでなく無呼吸症候群を発症することもあるのです。それまで、歯ぎしりをしていなかったのに急に激しく歯ぎしりをするようになれば、ストレスが溜まりすぎている可能性があります。そのほかの症状では、仕事が休みの時に頭痛がするようになることもあります。休日は、ストレスから解放されたい気持ちが強くなるため、ストレスによって緊張していた神経がほぐれ血管の血の流れが激しくなることから片頭痛を発症することがあるのです。そのほか、やけに足がむずむずとかゆみを感じたり、腹痛を起こしたり、肌荒れとなりニキビや吹き出物がたくさん出てくるようになり化粧のノリも悪くなります。そのように身体的に悪い症状が現れてきたときは、体がストレスによって悲鳴をあげてしまっている状態でもあるのです。時間がたてば症状が治まることもあるのですが、何日もたっても症状が改善されない場合はそのままそのような状態を続けてしまうと精神的な病や自律神経を乱してしまうことから発症する自律神経失調症になる可能性が出てくるようになります。

リラックスできる方法

精神的な病や自律神経失調症にならないようにするためにも、身体的な症状が現れてきたのであればその症状を緩和させられるようにストレスを軽減させられる方法を取り入れることが大事です。リラクゼーションでマッサージをしてもらったりすることでも、多くのリラクゼーションの中ではアロマセラピーを利用していることもありまして良い香りに包まれリラックスできますし、マッサージで神経がほぐれ血流を改善してくれる効果もあります。自宅でもお風呂の中でアロマオイルを垂らして良い香りに包まれながらお風呂に入ると、それだけでもリラックスできる効果を引き出すこともできますしお風呂の温かさからでも血流改善につながります。そしてもし、ストレスからうつ病や精神疾患などのような精神病にかかってしまったり自律神経失調症となってしまったときは、病院で治療を行なう必要となる場合もあります。治療をするために薬を処方してもらうことが多くありますが、そのようなときでも普段の生活の中でリラックスできる環境を整えることはとても大事なこととなります。ほんの少しの時間だけで良いのです。1時間だけでも良いですし10分だけでも良いのです。それでも無理ながお風呂に入りながら、そのほか眠る前の少しの時間にリラックス効果のある方法を行なうと良いです。アロマセラピーも香りから神経をほぐしてくれる効果がありますし、最近ではハーブティーもストレスを緩和させる効果があることからノンカフェインで体にも優しく、多くの人がストレス解消に飲用していたりします。